未経験okが多い企業にブラックが多いと言われるけど実際はどうなの?

ニート

もんたんです。

 

求人サイトを見てみると「未経験ok」と唄っている求人がたくさんありますよね。

色々と探してみるとめちゃくちゃ興味をそそる内容があるけれども、本当に自分ができるかどうか心配ってつい思ってしまいます。

 

でも正直「未経験ok」ってちょっと怖くないですか?

 

長時間労働を強いられるブラック企業が多いのかもしれないし、もしかしたらお給料が安すぎるのかもしれないし…。

 

考え出したらキリがないですが、私自身転職活動していた時「未経験ok」の求人探していましたが、その思いは拭えませんでした。

でも、実際はホワイト企業が多かったです。定時ごろに会社の中見せてもらったら、半分以上の社員がいない!っていうところもありました。

 

条件はめちゃくちゃいいのになぜ未経験でokなのか?未経験okの企業や業界が多いところはどこなのか?をまとめました。

なぜ未経験でもokにしているの?

本来即戦力が欲しい企業もたくさんありますが、現状即戦力の人たちって引く手数多なんで、なかなか取りづらいんです。

 

名前が知れている「博報堂」とか「リクルート」とかならバンバンくると思うんですよ。

 

ネームバリューがあるし、大きい仕事に確実に携わることができるわけで、待っていても人はひっきりなしに来てしまうと思います。

 

だけど、認知度が低い企業ってこれから転職したいと思う人やニートにとって選択肢の一つとして入っていないんです。

 

だからどんなにいい企業であったとしても、募集を出しても人が集まらないのが今の現状なんです。

 

即戦力が取れない企業はどうするのか?と次の一手を考えた時に、働きたいという気持ちがある人にフォーカスしたのです。

企業から見たら自社で活躍してくれそうな掘り出し物を探していこうよ!的な感覚何だろうなぁ。

求職者が「未経験ok」で選ぶメリット

 

採用のハードルが低いので入りやすい

未経験を歓迎している会社って、人柄採用を重視しているから社風が合うかしか見ていないんです。

自分の会社のカラーにあらない人を雇ったとしてもなかなか育てづらいじゃないですか。

 

会社が面接に出してくる人は、社風を体現している人がほとんど。特に会社規模が小さいほどその確率は高いです。

 

「少なくとも自分と考えが合うな」「なんか話していて居心地がいいな」と思ったのであれが、内定をもらえる可能性は十分にあります。

実際、もんたんの場合も10社受けて1社しか内定をもらえなかったのですが、そことは考え方があったんですよね。あとは話していて居心地がよかった。

 

私は会社に働くことに対して「やりがい」を求めていたからなおさら共感できるかが大事でした。

 

一から教えてくれる丁寧な研修が多い

先輩がつきっきりで教えてくれるOJTやがっつり3ヶ月〜6ヶ月の研修を用意してくれる企業もあります。

学校みたいに同期とわいわい一緒に勉強しながらお金もらえるなんて、いいなぁと思います(笑)

私も未経験okの企業に入って最初の2〜3ヶ月は先輩が毎日一緒にいて教えてくれました。

 

未経験okの会社以外だと、この研修がしっかりしていないところも多いです。

実際に転職した友人の話しだと、引き継ぎの資料だけ渡されて終了されて何から始めていいのかわからなかった、というエピソードがあります。

未経験okが多い業種は?

ある求人サイトでは掲載されている全求人のうち未経験OKの求人が「78.4%」もあるとのこと。

4社のうち3社が未経験okなので、正直業種問わずって感じですね。

その中で特に未経験okが多い業種がこちら。

美容やブライダル販売業

飲食のホールやアパレル、ブライダル、美容アドバイザーなど主に接客のお仕事に未経験募集と書かれているのをよく見ます。

 

すごいのが、店長クラスでも未経験OKの求人があるところ。(正しくは店長候補としての採用が多い)

 

接客業ってとにかく会社やお店の印象を好印象に思わせることが仕事だから、仕事ができる人よりも人柄が良い人を選ぶ傾向があるんです。

 

以前某有名女性ブランドの就活にいった時に出された課題が、「会社が出している6つのブランドの特徴を実際に店舗に行ってレポートにまとめろ」という内容でした。

 

自社の社風をレポートさせるほど社風に合う人を発掘したいんだなという気持ちが伝わってきました。

 

だから、アパレルのお店に行くと店員さんの雰囲気がどことなく似ているんですね(笑)

運輸・物流・倉庫

ネットが発達したということも合って物流や倉庫のお仕事の求人が増えています。

 

新たに物流拠点を増やしている企業も多いので、新しく人員を増やすために未経験okとして募集しているんですね。

 

結構給料が高い配送スタッフも募集が多いみたい。以前お話聞いたときはamazonの小さな商品の配達のお仕事が月50万〜90万は行くとのこと。

 

未経験OKでここまでもらえたらめちゃくちゃ良いですよね!運転できる人なら配送狙ってみても良いかもしれませんね!(私は運転できないので断念しました悲)

営業

営業は会社の売り上げを伸ばすために必要なポジション。営業の数が多いほど売り上げが伸びるのでどの企業も求人募集を出しているところが多いです。

 

頑張った成果が直に給料として反映されるし、自分の提案のおかげでお客さんに感謝されることもあります。

営業というとノルマがきつい!みたいなイメージがあると思うのですが、実はそれって新規営業だけなんです。

 

ちなみに新規営業に多い業種は「不動産営業」「広告営業」「人材営業」の3つ。まじで体育会系です、この業界は。

 

これとは別に、ラウンダーとかルート営業と呼ばれる営業は、すでに契約を取っている企業との信頼関係を構築していく仕事。

 

ガツガツ稼ぎたい!というよりも、人と接するのが好きです的な人柄の良さが重要視されます。

 

直行直帰で帰ることもできるので、プライベートと仕事のバランスを両立させたい人には良い仕事だと思います。

システムエンジニアなどの技術職

IT技術職は長時間労働のイメージが強いかもしれませんが、そのイメージはプログラマーの仕事からきています。

 

ゲームを作ったりホームページ作ったりとにかく新しい商品を常にリリースする仕事なので、普段は定時上がりなのに納期間近になると、夜11時に帰るということもあるんですよ。

 

普段使っているゲームとかってエンジニアさんたちの努力の結晶なんですよね…。そう考えるとなんかしみじみしてきました。

一方、インフラエンジニアという比較的ホワイトの仕事があります。

 

電光掲示板に文字を映るようにしたり、インターネットが常に使えるように監視したりするお仕事です。

インターネットやサーバーを使ったあらゆるものを稼働させ続けるためのお仕事です。インフラを整備するお仕事です。

 

ほとんどシフト制なので、残業が多い!なんてことはないし、働き方によっては週3日お休みなんてこともあるようです。

 

インフラ整備は半永久的に仕事がなくならないと言われているので、手に職をつけられると最近では人気が高まっています。

【合わせて読みたい】
定時で帰れて食いっぱぐれないエンジニアに、ニートが転職するには

まとめ:未経験OKの求人は優良企業も多い

未経験OKの企業って結構優良企業多いから、これから働こうかなって思っている人にとってはすごい魅力的だと思います。

自分がやりたいって仕事もほとんど未経験OKだから、試しに応募してみるのはあり!

応募してみて受かったのなら話を聞いてみて「ここいいな」って思えれば入ってもいいよね。

【合わせて読みたい】
【実証済み】ニートが就職相談すべきおすすめ転職エージェント

コメント いつも読んでくださりありがとうございます。ご感想お待ちしています。

この記事を書いた人
もんたん

20代で4回転職を経験したアラサー女子。【経歴】新卒半年でクビ→ニート→事務職半年でクビ→個人事業主半年→ブログを始める→接客業を経験。
美味しいご飯には目がなく、お昼ご飯は必ず500円ランチの旅に出る。

もんたんをフォローする