職歴なしの女性ニートが最短距離で内定をもらう方法。

ニート

もんたんです。

 

ニートの就活って劣等感との戦いだと思っています。

自分の友人や同世代は仕事をしているのに、自分は何もできていないという不安。

毎日ただただ時間だけが過ぎていくのを見つめるだけ。

 

こんな時間は無駄だってわかっているんです。

働かないとならないってわかっているんです。でも勇気が出ないんです。

 

とても辛いですよね。

私も今アラサーになるけれども、ニート期間を乗り越えて就活に挑むまでとても長く葛藤していました。

だからこそ、その気持ち、すごい共感します。

 

頭ではわかっているんだけど、なかなか動けないのはきっと就活が怖いからって思っているのもが強いと思います。

だから今回は同じ女性の立場で就活していた私が、実際に就活する前に感じた疑問と、実際の結果をお伝えします。

ニート女性の就活が怖いと思ってしまう理由

なかなか重い腰をあげて「就活するぞ!」と思えない理由は、就活に対しての3つの「恐怖」があるからです。

選考で落とされるのが怖い

就活したいと前向きに思えない理由は、求人に応募しても落とされるかもしれない…と思ってしまうからです。

 

頑張ってアピールしたのにも関わらず求人に落ちてしまったことが、自分の人生を軽蔑されたように感じてしまったり、働く資格がないんだ、と人格否定のように感じてしまいます。

 

入社後上手くいくのかが心配

求人をいざ応募しようと思っても手が止まってしまうのは、「自分にあっている仕事なのか」と心配になっているから。

 

自分がこの会社に入って仕事ちゃんとできるのかな…?人に迷惑かけそう怖いな…と入社後の自分の働いているイメージができない状態。

 

これだと応募したい!と思った企業が見つかってもなかなか応募することができません。

 

自分自身に対する不安

スキルも職歴がない資格も免許もない…自分には何があるんだろう?と思ってしまいます。

今まで働いた!という実感がないと自分自身は本当に働けるのか、疑ってしまうんですよね。働ける自信がないんです。

 

自分と同い年で働いている人たちのほとんどは、新卒入社で同期と足並みを揃えて研修など手厚い教育を受けているから働けているんだろうけど、

新卒でも中途でもない中途半端な時期に入るのはなかなかハードルが高い。

 

特に病気や怪我などのやむを得ない事情で働けなくなってしまった場合、病気がぶり返してしまわないか不安になってしまいます。

 

ブラック企業なのではと疑ってしまう

私もこの心配は大きかったです。世間では「過労死」「残業多い」という働くって大変なんだなってニュースに溢れかえっているじゃないですか。

 

ブラック企業しか世の中にはないんじゃないか…って思っていたんです。

正直、生きている中で働く時間の方がプライベートよりも多いのに修行のような働き方は無理だな…って心の中でガクガクしていました。

 

だからこそ、「本当に私が働けるのかな…?」って思っていたんです。社畜=働く能力があると思っていました。

 

ブラック企業が全てではないと思っているけれども、自分がその企業に当たってしまったらどうすようという不安は拭いきれないですよね。

 

ニートの就活は不利なことでいっぱい?

 

職歴なしだと就活は不利なの?

不利にも有利にも働きません。

職歴なしということは、どこの会社の社風にも染まっていないのでいわば隠れ優良人物として企業から見られています。

そのため面接では会社の社風に合うのかどうかを、もっとも重視しています。

「未経験枠」で採用されやすいのは、職歴なしの最大の特徴だと思います。

 

学歴が高卒だと就活は難しい?

高卒でも大卒でも就活は出来るし、内定ももらえます。

事実、2018年の日経新聞の調査によると、高卒から就活した数は7割強。しかも毎年上昇しています。

高卒内定率、10月末で78% 9年連続で上昇

引用:日本経済新聞

就活に学歴は関係ないんです。

一番大事なのは、学歴よりも「なぜ働きたいのか?」これを明確にしてあるのかどうかだと思います。

 

空白期間があると就活に響くのか?

空白期間が就活に響くことはありません。

面接官として気になるのは、空白期間を乗り越えてなぜ働こうと思ったのが重要だと思っているので、正直に何をしていたのかを話せば問題はないです。

・家の手伝いをしていた

・身内の病気の看病をしていた

・自分が怪我や病気をしていた

など正当な理由がある場合は会社も「それはしょうがない」と理解してくれるので、そこまで気にしなくても大丈夫です。

・旅行していた

・ぼーっと怠けていた

などの場合は、そこまで空白期間のことに対して突っ込まれないので、空白期間の説明はさらっと流して「なぜ就職をしようと思ったのか?」に力を入れて話すと良いです。

資格を取るべきなのか

行きたい業界がや仕事がすでに決まっているのであれば、取得しておいたほうが有利に働くこともありますが、闇雲に取っても評価はされません。

資格欄にたくさん書かれてあったとしても、志望している業務内容に関連性がなかったら面接官に突っ込まれる材料になるだけです。

 

例えば商社の事務員になりたいと思って面接を受けた時に

・簿記3級

・英検2級

・ファイナンシャルプランナー

・秘書検定

・世界遺産検定

といったような資格が並んでいたらどのような印象が浮かびますか?

秘書検定ならまだわかりますが、世界遺産検定って…(笑)

 

ここまで種類がバラバラだと

「とりあえず取ったんだな」

「うちの会社とこの資格関係するのかな?」

などと疑問に思ってしまうのです。

「なぜ資格を取ったのか?」→「御社の業務内容を知るためです」などあくまで相手の会社に入るための動機付けとして使う分には良いと思います。

色々な種類な資格がたくさんあると、軸がブレているように見られてしまうこともあります。

業界や仕事内容を決めるまではむしろ取らない方がいいです。

就活での不安を解消するには

ニートからいきなり正社員として社会に飛び込んでやっていくには相当の勇気が必要だと思います。

けれど、その勇気さえあれば決して無理ではありません。

期限を決めないことが大事

「5月20日までに内定をもらうぞ!」などと目標を決めるのはいいですが、就職活動はトントン拍子に行くことはなかなかありません。

面接がうまくいかなくて凹んだり、履歴書の書き方で時間がかかったり、当初就活前に設定していた期間通りにいかず、日程が大幅に遅れることが多いからです。

早く就職しないと!という焦る気持ちもわかりますが、期限を決めることで自分にプレッシャーを与えているようなものです。

 

「目標日にちはあと1ヶ月なのに、まだ内定もらってない、どうしよう」という心の焦りは面接官にも伝わってしまい、面接がうまくいかない原因になってしまいます。

就活では、心の余裕がない人よりも心の余裕があるひとの方が就活が決まりやすいです。

焦っていると熟れた果物のようになって雇いたい!って思う人が少なくなるのです。

内定を取ったからって自分に合っているのかどうかもわからない状態はとても危険だから、心の余裕はとても大事です。

やれそうな仕事を探す

せっかく就職をするならお金を稼ぎたいし、周りから羨ましがられる仕事につきたいという気持ちもあると思います。

でも一般的に人気がある職業にニートが入ろうとすると競争倍率が高いのでなかなか内定をもらうのが難しいです。

難易度が高いところばかり受け、書類や面接で落ちまくって自分の自信を失うよりもまずは自分ができそうな仕事から探してみましょう。

最短距離で内定をもらうには

最短距離で内定をもらうには、自分が働き続けられる環境を知っておくことが重要です。

風通しの良い環境が好きなところもあれば、面倒見のある環境が好きな人もいると思います。

自分にとって心地よい場所はどこなのか?を知っておきましょう。

私個人としては下の二つを同時に行った方が自分の就活の可能性を広げることができるので、オススメです。

求人サイトに登録する

求人サイトに登録することで自分の興味がある仕事や、やれそうな仕事を探すことができます。

同じ業種でも社風は違うので、自分が働きやすい環境はどんなところなのか、など様々な企業を見ることがオススメです。

「いいな」って思った企業がどんなところだったのか簡単に書き留めておけば、自分の就活の軸が出来てきます。

転職エージェントに登録する

転職エージェントに登録することで、自分の条件に合った仕事を紹介してくれます。

求人の紹介をしているだけではありません。内定を一つでも多く獲得できるように面接や書類作成の対策も一緒に行ってくれます。

無料で転職エージェントは使うことができるので、気軽に使ってみることをおすすめします。

 

 

まとめ:職歴なしニート女でも内定がでる

職歴なしのニートがいざ就活をしようとすると、色々な不安が襲ってなかなか行動できないことが多いと思います。

その中で就活をしようとすると、仕事を探さなきゃ!という義務感やプレッシャーを自分に押し付けがち。

自分に合った仕事を見つけようといった気軽な気持ちでまずは取り組んでみてください。

コメント いつも読んでくださりありがとうございます。ご感想お待ちしています。

この記事を書いた人
もんたん

20代で4回転職を経験したアラサー女子。【経歴】新卒半年でクビ→ニート→事務職半年でクビ→個人事業主半年→ブログを始める→接客業を経験。
美味しいご飯には目がなく、お昼ご飯は必ず500円ランチの旅に出る。

もんたんをフォローする