転職を考えているけど仕事を辞めてからか続けながらか迷っているあなたへ

ニート

もんたんです。

転職を考えた時に仕事しながらか、はたまた辞めてから活動を開始するか迷いますよね。

 

転職は自分がこれからどうしていきたいのかという人生の岐路に立たされるようなもの。

だからこそ、きちんと自分と向き合う時間が欲しい。

 

そうなると一度退職してからの方がいいと思いますが、現実的に考えて難しいですよね。

 

満足した転職活動をするために、今回は在職中と退職後の転職活動のメリットデメリットや具体的な転職成功方法もお伝えします。

在職期間中での転職活動のメリット・デメリット

メリット

転職活動中はとにかくお金がかかる!交通費や書類代印刷代…などなど普段の生活費用+@出てくるので気がついたら意外と出費多いな…ということにもなりかねません。

こういった出費が出ても在職期間中であれば金銭的な安定は守られているので、余裕を持って転職活動に望むことができます。

デメリット

忙しくてなかなか時間が取れないのがデメリットです。日々の業務に追われて面接に行けなかったり時間の融通が効かないことが機会損失にある可能性もあります。

最近は多くの企業が時間の融通を効かせてくれるようになりましたが、業務で疲れた後の面接になるので事前にしっかりと面接対策をしておく必要があります。

退職後の転職活動でのメリット・デメリット

メリット

時間に余裕があるから面接の時間も融通がきくのがメリット。

自分に対しての時間が避けるからどんな仕事をしてみたかったのか、次の仕事はどんな環境で始めたいのかなどもう一度自分の働き方を見直すチャンス。

 

新卒の時と違って一度働いているから仕事への選び方も変わっているから、OG・OB訪問や自分が理想の働き方をしている人に会いにいってみるのも手です。

なんでもできる時間があるって、最高ですね(笑)

 

デメリット

毎月の安定した収入は途絶えてしまうので、「やばい、早く次を決めなきゃ!」って焦って行動してして、妥協して転職先を見つけてしまったなんて可能性も高いです。

 

退職後の転職は半年分生きていけるぐらいの預貯金は残しておいたほうが心のゆとりがある状態で始められます。

ちなみに失業保険については下に書いてあるので参照にしてください。

在職期間での転職での不安

在職期間中の転職活動の不安はやっぱり今いる会社に活動がバレたらどうしよう…ということ。

それぞれの対処法をまとめました。

転職活動が会社にバレた場合

「会社を辞めたい」という気持ちが会社に伝わっている状態で起こることは2つあります。

 

応援されるか、非難されるかです。せっかくだったら、応援されたいですよね。

 

転職活動をしていると社内で広まったら確実に上司との話し合いがあると思います。

まあ、上司からしてみたら自分の管理不足で起きてしまったのではないか、って心配ですものね。自分の評価に響くから…。

 

その時に転職活動をしている理由を前向きな理由で話せば大抵は応援してくれます。

例えば、「キャリアアップをしてみたい」「別の業務を行ってみたい」など自分の今後の展望を話すことで理解を示してくれやすくなりますよ。

転職活動を妨害されないか心配

前職と同じ分野で転職を考えているのであれば、妨害される可能性はあります。

ライバル会社に入ろうとしているようなものです。

万が一自社のノウハウ等を用いられてしまったら企業として太刀打ちできなくなる可能性もありますよね。

 

実際に会った事例として、

・退職するならこれまでおごった金を返せ

・社長が会社に預けている年金手帳を返してくれないので会社を辞められない

・「あの人とつきあってはいけない」と経営者が全社員向けにメールを送る

 

直接的、間接的色々手法はありますが、このような妨害を防ぐためにも「自分が転職をしている」とSNSや会社の中のいい人でも言わないようにするのが防衛策です。

退職後転職の不安

自分の希望の求人に巡り合って思い描いた理想の転職をするには、「心の余裕」がとても大事です。

 

だから多くの人はお金の心配がない在職期間中に行うことが多いですが、残業が多かったりなど転職活動が十分にできないのであれば辞めてから転職もありです。

 

とはいえ次の仕事が決まっていない状態で転職活動をするのって不安ですよね。

転職期間は人によっては長引くし、すぐに転職ができるわけでもないから金銭的な部分にも影響が出ます。

 

毎月口座からお金が引き落とされているくのが恐怖です。

とはいえまともな転職活動が行えなくなるのは本末転倒なので、対策をお伝えします。

失業保険をもらう

【失業保険とは】
勤務先を何らかの事情で退職しなければならなくなったとき、次の仕事が見つかるまでの間、国から失業手当(正式名称:基本手当)が給付されるというしくみの保険

とどのつまり辞めた後はしばらく仕事が見つからないだろうから国がお金払ってあげるよ、という太っ腹制度です。

目先のお金を用意するためにアルバイトとかをやってしまうと結局は本末転倒なんですよね。

 

目の前の今年か考えられないってことは、再就職先も自分の適正とかで考えないで「お金」で見てしまいがちになるから。

 

そうなるとミスマッチが高くなってまた辞めるの繰り返しになってしまう。

国としても税金納めてくれる人増やしたいからこそ、こういう失業した人を手厚くもてなすんだろうなぁ。

受給するための条件とは?

受給できる条件は転職などの理由で自分から退職を申し出た場合の「自己都合退職」か、会社の御す駅不良などで人員削減による「会社都合退職」かどうかによって変わります。

 

自己都合退職でも会社都合退職でも原則、離職した日までの一年間に保険に入っていた期間が6ヶ月以上あれば申請できます。

いつからもらえるの?

自己都合退職の場合:

業務上の過失による解雇の場合には、ハローワークに離職票を提出後、7日間待期期間の後さらに3か月待つことになります。

会社都合の場合:待機期間7日間+約1カ月後に第1回目の支給を受け取ることができます。

自己都合退職と比べて失業手当の支給が優遇され易く、失業給付金を早く受け取れます。

結構時間がかかるんですね…。

どのくらいの期間もらえるの?

失業保険を受給できる期間は雇用保険の加入年数で決まります。

自主都合退職の場合は以下の通りです。

雇用保険の加入年数失業保険を受給できる期間
1年以上10年未満90日
10年以上20年未満120日
20年以上150日

会社都合になると現在の年齢と雇用保険に何年入っているかで支給額や期間が変わってきます。

参考:(弁護士監修)失業保険はいつから、いくらもらえる?残業時間が給付内容に影響する!?

 

残業が多い場合は会社都合になる

①離職をする直前の6か月間の中で、45時間以上残業した月が連続で3か月以上あること
②離職をする直前の6か月間の中で、100時間以上残業した月が1度でもあること
③離職をする直前の6か月間の中で、連続する2か月以上の期間の、残業時間の平均が1か月あたり80時間を超えていること

この3つのうち1つでも当てはまるのであれば、会社都合扱いになります。

会社都合退職の場合、年齢や雇用保険に入っていた年数によって変わりますが、自己都合退職の給付日数90~150日に比べて会社都合退職でもらえる日数は90~330日と長いです。

実際どのくらいもらえるの?

失業手当を自分で把握するには簡単な計算を行う必要があります。
①退職する直前から6カ月間にもらった給料の合計額を調べる
②退職前6カ月間にもらった給料の合計から、1日あたりに換算した日当賃金を求める
退職前6カ月間の給料総額÷180日=日当賃金

 

③離職時の年齢と「日当賃金」にもとづいて「基本手当日額」を出します。

 

離職時の年齢が29歳以下と65歳以上の場合は下の表になります。

日当賃金給付率計算式基本手当日額
2,470円~4,940円80%0.8×賃金日額1,976円~3,952円
4,940円~12,140円80~50%{(-1×賃金日額×賃金日額)+(24,140×賃金日額)}÷24,0003,952円~6,070円
12,140円~13,420円50%0.5×賃金日額6,070円~6,710円
13,420円~6,710円
(上限額)

 

今回月20万もらっている人を例に考えてみましょう。

①20万×6=120万。

②120万円÷180日=6,666円(1円未満は切り捨て)

③{(-1×賃金日額×賃金日額)+(24,140×賃金日額)}÷24,000

なので(-1×6666×6666)+(24140×6666)÷24,000

=4,853円(未満は切り捨て)になります。

額面20万円の場合は失業手当が4,853円支給されるということになります。

 

めんどくさい場合は、自分の額面の月収を入れるだけで失業保険の金額がわかるツールを使ってください。

>>失業保険自動計算ツール

仕事を辞めてからでは転職活動が不利になるのでは?

「なぜ仕事を辞めて転職活動をしたかったのか?」この質問に対する理由が明確であれば、不利になりません。

残業が多くて転職にかける時間が取れなかったとか、自分ときちんと向き合って転職したかったなど、自分の率直な思いを伝えれば大丈夫です。

実際、もんたん自身も10ヶ月ほどの職歴がありませんが「自分の人生を知るために色々な社長サニャフリーランスの人と会っていました」といったら納得されました。

しかもその理由で内定もらえたので、世の中どこかしら自分を拾ってくれる会社はあるんだなと思いました。

結局どっちが転職に有利になるの?

在職中か退職後かどっちが有利になるのか?と考えると、転職の理由次第になると思います。

在職期間中であっても、退職期間中であっても転職の理由が明確でなければ落とされます。

大切なのは「自分が転職について考えられているのか」

 

特に20代はポテンシャル採用が多いので、「気持ち」が強いかどうかを見られます。

離職期間がたとえ長期間になったとしても、働く意欲が強いと会社から思われたら採用されることの方が多いです。

まとめ:在職期間中でも退職後でも転職はできるよ

結局転職できるかどうかは、自分の気持ち次第で変わります。

金銭面的の辛さをカバーできるという点では在職期間中が有利とは思いますが、それが内定を取ることに直結するかと言われたら別。

自分に置かれた状態がどんな状況であっても、面接でなぜ転職をしたいのかを自分の本心で伝えることが転職への近道だと思います。

コメント いつも読んでくださりありがとうございます。ご感想お待ちしています。

この記事を書いた人
もんたん

20代で4回転職を経験したアラサー女子。【経歴】新卒半年でクビ→ニート→事務職半年でクビ→個人事業主半年→ブログを始める→接客業を経験。
美味しいご飯には目がなく、お昼ご飯は必ず500円ランチの旅に出る。

もんたんをフォローする