仕事が向いてないと思ったら仕事の向き不向きの見極めは3ヶ月目で判断をすべき理由

働き方

ピヨ子
ピヨ子
  • 働いてみたけれども、なんとなく自分が思っていた仕事と違った
  • 他の人は難なくこなせるのに、
    自分はミスばっかり
  • 仕事ができなさすぎて辛い仕事内容が向いていないのであれば、別の仕事も考えるけれども、どのくらい働いたら向き不向きってわかるのかな?

このようなお悩みを解決する記事です。

 

この仕事自分に向いているかもと思って仕事を選んだけれど、

「あれ?思っていたのとなんか違ったな…」と自分では向いていないと感じることってありますよね。

仕事が合わないなら転職も考えている人もいると思いますが、時期によってはその行動は危ないです。

今回は、仕事を向いていないと見切りを付けるタイミングや、自分に向いている仕事の見つけ方をお伝えします。

 

 

  • 簡単3分診断
  • 別途料金は発生しません
  • 適性にあった仕事も紹介!

無料 適性診断はこちら

向き不向きの判断基準

仕事を始めたばかりでうまくいかないからと言ってすぐに向き不向きを決めるのは、危険です。

責任感が強い人ほど、「なんで自分はこんな簡単な仕事なのにできないんだ…」と自分を責めてしまい、自分で仕事に対する意欲を削ってしまい、

正常は判断ができない状態に自分を追い詰めてしまうからです。

 

転職や就職したばかりは、新しいことを覚えることに必死。

研修では新しいこと次々と教えられて頭がパンクしそうになるし、覚えたことを実践しようにも、できなくてミスをして落ち込むのは当たり前。

できなくて当たり前なんです。

 

なぜなら、今までできなかったことを初めてやっているから。

そりゃあ、誰だってミスをすることは辛いです。

けれども、初めての人にミスをしたからと言って責める人はいません。

 

大事なのは、

  • ちょっとしたミスが重なったからといって、「自分には向いていないんだ…」と追い込まないこと。
  • ミスをしたら、次同じミスをしないように工夫をすること。

たったこれだけです。

 

まずは、この2つを行ってみたうえで、仕事の向き不向きを考えていきましょう。

 

働いて3ヶ月してから向き不向きがわかる

試用期間や新人研修がも3ヶ月のところが多いですよね。

この期間で、一通りの仕事のレクチャーが終わって1人でも仕事をとりあえずこなすことができるだろう、と考えられているからです。

 

そのため、一通り仕事の流れが見えてきた3ヶ月目が、向き不向きの分かれ目。

簡単に判断基準を設けたので、自分の今の状態がどちらの状態に近いのかを見てください。

 

向いている仕事
  • 「楽しい」と思える業務内容がある
  • 人間関係がラク
  • 怒られる回数が減った
  • 集中して取り組める
  • 仕事内容に興味をもてる
向いていない仕事
  • ミスを頻繁に起こす
  • 悩みを相談できない
  • 会社に居場所を感じられない
  • 会社に行こうとすると足が重くなる
  • 仕事内容に興味を持てない

 

あなたはどちらの数が多かったですか?

向いていない仕事にチェックが多かった場合、そもそもの仕事内容があなたに向いていない可能性が高いです。

別に向いていない仕事にチェックが多かったからといって、問題はないので安心してくださいね。

 

向いていない仕事を辞めたいと思うのは、当たり前

2015年にマイナビが行なった全国の20~35歳の会社員に対して会社をやめたいと考えたことがあるのか?というアンケートによると、

71%の人が会社をやめたいと思ったことがあるという結果になりました。

 

その理由には、労働条件や人間関係も含まれていましたが、総じて仕事に対して意欲的でないと乗り越えない問題ばかりでした。

向いていない仕事を続けたとしても、仕事内容を深く理解しようとしたり、他に良い方法はないのか工夫をするなど主体性は生まれません。

 

仕事をする上でこの主体性はとても大事。

知識や経験を積んでキャリアアップ。

 

成長をすることで新しい仕事を得られていくのですが、仕事に対して意欲がないとどんどん同期に置いていかれ

給料は上がらず社内で最低の賃金で働かされる日々。

周りからは「お荷物」だと思われていると感じるようになって、会社にいづらくなってしまいます。

 

自分の居場所を感じられない場所で働き続けたい!と言う意欲は湧いてきません。

毎日行きたくない…と言う重い気持ちを頑張って奮い立たせて会社にまで向かおうとしている勇気は、いつか果ててしまいます。

 

精神的にも経済的にも向いていない仕事を続けるのは、リスクでしかないのです。

 

適正にあっていないと、一生芽がでない

適正にあった仕事でないと成果が出ないのは、何もあなただけではありません。

陸上の王者、ウサインボルト選手も適正に合わせた競技にすることで、有名になれたのです。

 

ウサインボルトが速く走れるようになった理由が綴られた伝記によると、

 

  • 何人も有名な陸上選手を輩出したコーチのやり方だと怪我をすることが多かったため、自分なりにやり方を変えた
  • 元々400メートルの選手だったが、100メートルの方が全力出せるということで種目変更後、最速の結果を出すことになった

 

努力の方向性が自分の適正と見合っていないと、最高の結果を出すことには繋がりません。

それは、陸上も仕事も同じです。

ウサインボルト選手が、なぜ陸上で輝くことができたのかは自伝に記載されてあるので、興味がある方はこちらから↓

日本は適正を軽んじている傾向があるので、理解を得られないことが多い

日本では、ある程度の仕事は誰でもできるようにシステム化されているため、

仕事の適正を軽んじている傾向があります。

 

そのため、上司に「仕事、向いていないと思うんですよね」と相談したところで

「お前のやり方が悪い」と一蹴されてしまいます。

 

一昔前は、適正があってもなくても頑張って仕事をしないとならない時期がありました。

「24時間働けますか?」のフレーズがあった時代、目の前の仕事を一心不乱に処理することが求められたため、

向いている仕事なのかどうか?などと悠長な考えを浮かべる暇すらなかったのです。

そんな状況下で働いていたい上司に相談したとしても、答えなんて出てこないですよね。

 

今の仕事を続けるべきか、どうかの判断基準

仕事の向き不向きは以下の4つのポイントで考えることができます。
・今の仕事に「やりがい」を感じられるか?
・上司を見て数年後の自分をイメージできるのか
・仕事以外のプライベートな時間を満喫できているか?
・働く環境は自分の性格に合っているのか?

今の仕事に「やりがい」を感じられるか?

「お客さんに喜んでもらって嬉しかった」

「売り上げ1位になって会社に貢献できた」

「作った資料のおかげで商談で契約を取れた」

など自分がやったことが身になったなと思えると、やりがいを感じられ次ももっと頑張りたいと思い、仕事に精を出すのです。

自信がついて仕事が楽しくなっていきますし、職場の人間関係が良好になったり環境や待遇がより良くなっていきます。

人から必要とされているという実感や、自分の仕事が誰かの笑顔を作っていると考えると、仕事の多捉え方も変わってきます。

このやりがいがあれば、仕事を続けるモチベーションにもなるので自分自身が仕事をしていて楽しいと思います。

けれども、お金を稼ぐ単なるツールの1つとしてしか考えていないのであれば、給料が多いところがあったらすぐに転職してしまい長く勤めることができなる原因になってしまいます。

人生の3分の1以上は仕事だからこそ、仕事で精神的な充実が得られないと続けられなくなってしまいます。

上司を見て数年後の自分をイメージできるのか

自分が今の仕事で働いている場合、3年後、5年後の自分を想像できますか?

将来のキャリアイメージが沸いていないということは、

  • 仕事内容に魅力を感じない
  • 昇給しても給料がさほど変わらない
  • 上司の姿を見て尊敬できない
  • 他にやりたい仕事がある

など考えられない理由があります。

数年後の自分は、今日の自分の積み重ねから作られるので今のうちに、将来のイメージを持っておくのは大切です。

理想の自分になるために、今の会社でいても叶えることができるのか?と考えた時に今の会社ではないなと判断することができます。

給料は自分の仕事に見合った金額か

頑張ってもそこまで収入が上がらない時代。

「みなし残業」という制度のため、残業をしてもみなし残業以内であれば残業代を払わない企業も増えてきました。

一度自分の収入と労働時間を計算して、自分の給料は最低賃金よりも上回っているのか、確認してください。

最低賃金よりも下回っている働き方をしている人、結構多いです。

もし自分の給料が最低賃金よりも下回っているのであれば、他の企業に移ることも考えた方がいいです。

性格で決める

内向的で自分に自信を持っていない人が、常に成績を求められる体育会系の会社で働いたり、じっとしているのが苦手なのにオフィスワークを始めるなど、

自分の性格にあっていない仕事をしている人もいるのではないでしょうか。

性格によって仕事の向き不向きは確実に変わります。

自分の性格にあっていないところで働いても、精神が擦り切れてしまうだけで辛い思いをすることが周りの人よりも断然に増えてしまいます。

 

向いている仕事の探し方

適職診断をして探す

自分の向き不向きを知るには、適職診断を行うことで簡単に知ることができます。

こちらの記事で無料で行うことができるオススメの適職診断をまとめましたので、使ってみてください。

転職エージェントに相談する

転職するつもりがなかったとしても、転職のプロに一度話を聞いてもらうのはあり。

自分の強みや弱みを客観的に伝えてくれるだけではなく、転職市場での自分の価値や、給料をあげるには何が必要なのか?など様々なアドバイスをくれます。

 

無料で転職のプロに聴けるということもあって、転職したい!というよりも情報収集中で転職エージェントに登録する人も多いです。

 

自分の仕事に迷ったら、相談しにいくのはありです。

まとめ:向き不向きは3ヶ月で判断すること

仕事の向き不向きを決めるのには、試用期間でよく聞く期間、3ヶ月で一度一区切りを打った方がいいとお伝えしました。
向いていない仕事をだらだらと続けるよりも、パッと辞めて自分にあった仕事を探した方が気持ちが楽だし人生を前向きに歩むことができます。
もし自分の仕事向いているのかどうか迷った時は、一度自分と向き合って将来何がしたら楽しいのか?自分が打ち込めるものは何か?を考えてみると自ずと答えが出てきますよ。

コメント いつも読んでくださりありがとうございます。ご感想お待ちしています。

この記事を書いた人
もんたん

20代で4回転職を経験したアラサー女子。【経歴】新卒半年でクビ→ニート→事務職半年でクビ→個人事業主半年→ブログを始める→接客業を経験。
美味しいご飯には目がなく、お昼ご飯は必ず500円ランチの旅に出る。

もんたんをフォローする